妊娠中の尿もれ。経産婦に多い?【実際にあった話】

arteida-mjeshtri-151140-unsplash

 

こんばんは。

今日は、妊娠中の尿もれの話を少し。

 

 

実際に私、恥ずかしい話ですが

妊娠初期から中期に差し掛かる頃

「尿もれ」してしまったんですよね…。

2ヶ月ほどのつわりで

身体のメンテナンスを行うことができず

骨盤底筋が緩んでしまったのが原因かなーと

思っていますが。。

 

 

同じ妊娠中のママ友達も

同じような「尿もれ」を経験されていました。

彼女は、「破水」と間違えて

病院も受診したとのこと。

「経産婦に多いんだよね〜

恥ずかしかったー><」

と、教えてくれました。

 

 

やっぱり!骨盤の研修で習った通り

「尿もれ」で悩むママが多いって聞いてたけど

みなさん、経験してるんだな〜。と思ったわけです。

でもこのままの身体では、いけませんよね!

 

 

「尿もれ」を発覚した私は、すぐに

骨盤底筋の体操を始めました。

「緩める」ことからしました。

それから、縮めたり緩めたりを繰り返します。

おかげで、あっという間に「尿もれ」症状は

なくなりましたー!

 

 

先日から読んでる本

「女と骨盤」・片山洋次郎

にも、バッチリ書いてありました。

 

” ゆるむ⇄ちぢむという往復のストロークが

あってはじめて筋肉が機能する。

排尿をコントロールするには

骨盤底筋が弾力を持って自由自在に

ちぢんだりゆるんだりする必要がある。

うまくちぢまないなら、

疲れ切って固まっている筋肉である。

ちぢめられるようになるには、

まずゆるめる。

発想を切り替えてみましょう。 ”

 

 

第三子妊娠中の私、

まだまだ色々と経験ができそうで

楽しみです^^

 

yoann-boyer-276971-unsplash